決意。

天気の良い日が続いていますね。
今月は、建設業許可の更新申請を2件、決算変更届を2件、無事完了することができました。
しかし申請時、訂正の指摘を多くされてしまうので、もっと注意力をもって業務にあたらなければと反省してます。

僕は、去年司法書士試験に0.5点足りずに不合格というネタ級の落ち方をしました。
この0.5点とは漢字1文字間違える程度です。
原因はまさに、その日その場での注意力でした・・・。問題文を読み間違えたのです。
非常に悔やみました。もはや知識云々ではないのです。
一生懸命勉強してきた昨日までの自分を裏切った気分でした。
しかし、不合格は不合格で、それも実力だととても勉強になりました。

行政書士として働く中で、さらに司法書士資格取得の必要性を感じ、よりお客様のお役にたてる人材に早くなろうという決意です!がんばります!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
相続・建設業許可申請は当事務所まで

山梨県甲府市の行政書士
住吉寿夫行政書士事務所

夏休み。

少しづつではありますが、建設業関係の申請をする、県の建設業対策室に入るのも慣れてきました。笑
前までは、分からないことだらけでビクビクしながら行ってました。
まー今も若干ビビりながら入りますが。笑

仕事を受けるようになって毎日勉強です。
新しいことを知ったり経験したりするのがとても楽しいです。

僕の目標は、仕事を遊びのように夢中にやる毎日を過ごすこと。
究極、毎日が夏休みのようなわくわくする日々を過ごすこと。

今も楽しみながらやっていますが、もっと楽しめる毎日が来ると確信しています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
相続・建設業許可申請は当事務所まで
山梨県甲府市の行政書士
住吉寿夫行政書士事務所

更新。

だいぶ日が空いてしまいました。
極力クイックに更新していく決意です。理想は毎日。笑

現在は建設業許可更新の依頼を複数、決算変更届出及び賃貸借契約書作成依頼を、同時進行で進めています。

農地転用業務・外国人業務・相続業務等やってみたい業務がたくさんあるので、いろいろ勉強します。
司法書士試験も試験日3カ月を切りそうなのでスイッチいれて寝ずにがんばります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
相続・各種許認可は当事務所まで!
山梨県甲府市の行政書士
住吉寿夫行政書士事務所

春よ来い。

会社の役員の給料カットの制限について相談を受けました。
減給の割合に法律上、限界はあるのかという質問。
労働基準法上、「給料を何パーセント以上減給してはいけません」という規定はありません。
ただし、労働者の合意なしで、給料の変更はできないとあります。
これは民法上の問題で、賃金はあくまで労働契約という契約の一部のため、減給は契約の変更にあたります。
契約の変更は当事者の合意で効力発生なので、減給も使用者側が一方的にできない、ということです。
つまり、合意さえあれば減給の割合に制限はありませんよ、というのが今回の結論でした。

ちなみに、制裁(罰)としての減給には制限があります。(労基法91条)
区別が必要ですね。

明日も寒いようです。
春よ、早く来い。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
山梨県甲府市の行政書士事務所
住吉寿夫行政書士事務所

起業。

今年も司法書士試験を受験します。7月の本試験まであと5ヵ月。
業務を中心に、試験に向けてしっかり準備していきます。

最近、若い世代で起業を考えている人が増えている気がします。僕の周りにも、野望高く、起業を考えている若者が何人かいます。不安を抱えながらも、彼らの目はギラギラと未来を見据え、希望に満ちています。まさに「生きてる」って感じで、彼らと話す時間は好きです。

そんな彼らの不安を取り除き、希望を輝かせ続ける手助けがしたい。そう思います。

司法書士資格を取得し、商業登記業務。行政書士として、許認可申請・経営コンサルティング業務。
彼らと一緒に、僕も成長していけたらと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
住吉寿夫行政書士事務所

梅酒と登記されていない取締役。

請負契約書の確認依頼を受け、資料を読み込み、確認作業が終わりました。
問題点は、契約の担当者が登記されていない取締役という点でした。
担当者の名刺の肩書には確かに「取締役 ○○」とあるのですが、会社の登記簿には、取締役として登記されていないのです。しかし、実際に当該株式会社の社員であることは間違いないようです。
そこで、事実上の取締役の第三者に対する責任に関する判例は集め、安全な契約ができるように調査を行いました。
各判例見解から、今回のケースにおいての判断は、結論的に債務不履行責任を問うような場合、会社法429条1項により、第三者は保護され、会社及び当該事実上の取締役に対して責任追及できると判断しました。

今夜は調査終りに家にあった梅酒を、ロックでいただきました。
最近、酔いが顔にでるようになりました。これも大人の階段でしょうか。笑
中には、酔うと悲観なく笑顔で涙が出る人もいるらしいです。
悲観的になって泣くというのは聞きますがね。おもしろい。
今夜は遅いので一杯だけにしときます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
山梨県甲府市の行政書士
住吉寿夫行政書士事務所

ゴール。

決算変更届が無事に受理され、建設業関係業務に意欲が高まっています。
今後もいろんな業務に携わっていきたいです。

普通、いつか富士山に登りたいなーと考えていた人が、なんとなく道を歩いてて、たまたま富士山の頂上に辿り着くことはないですよね。
そもそもなんとなく歩いていて、険しい道を選ぶというのは普通ではありません。

でも、「頂上にたどり着く」というゴールを設定すると、険しい道のりを歩くこともその人にとっては普通の行動となります。

つまり、目標や夢としてゴールを明確に設定することによって、周りから見ればツライ努力に見えることも、本人にとっては普通の行動として努力ができるのです。

ゴールを明確にさえしていれば、努力を努力と感じずに日々成長できるのではないでしょうか。

自分の「なりたい自分」を忘れずにいたいですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
相続・各種許認可申請は当事務所まで。
山梨県甲府市の行政書士
住吉寿夫行政書士事務所

人生で一番若い日。

建設業許可の決算変更届の依頼を受け、今週はずっと決算書とにらめっこしてます。

人生で一番若い日。それは「今日」だと思います。
なにを始めるのも、今この瞬間が人生の中で一番早い段階。
だから、遅すぎるってことはないと思う。
その人が決意した日。その日がその人にとって一番ベストなスタートの日なんだと思います。

おやすみなさい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
相続・債権回収・営業許可申請
山梨県l甲府市の行政書士
住吉寿夫行政書士事務所

古物商許可。

こんばんわ。住吉です。

現在、初仕事となる、古物商許可申請の依頼をいただき、必要書類集めに走っています。
古物商許可とは、名のとおり、中古品の販売許可です。美術品から、衣類、自動車、機械、書籍などと、あらゆる種類の中古品を業として販売しようとする場合には、県の公安委員会による許可が必要となるのです。
迅速に、かつ確実に、業務を進めていきたいです。

昨夜の爆弾低気圧による大雪すごかった。
おかげで今日は、車での移動だけでだいぶ神経使ったので、もう寝ます。

明日は行政書士会で入会式です。
すごいちょっとだけ、緊張してます。笑

おやすみなさい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
相続・各種許認可・債権回収は当事務所まで。

山梨県甲府市の行政書士事務所
住吉寿夫行政書士事務所

持続。

こんばんは。住吉です。

 

決意するときのエネルギーはものすごい。絶対にやってみせる!続けてみせる!

その時は、本気。でも、実際決意できれば、持続するとは限らない。むしろ、「決意」と「持続」はまるで別物だと思う。本当に大変なのは持続すること。人間は怠ける生き物。だから、持続に苦労するのは当たり前。持続するエネルギーは、決意するエネルギーよりも、はるかに大きいことに気づく。

でも、その持続ができたらどんなことが起こるだろう。きっと、決意したことが、最初に願ったことが、必ず近づいてくる。

持続の壁さえ越えれれば、必ず道は開ける。決意して始めたのだから。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

相続・離婚・債権回収なら当事務所まで

山梨県甲府市の行政書士事務所

住吉寿夫行政書士事務所