2019.4.16 農作業

妻です。
ボスも私も実家は田畑を持っています。この前お米の種まきを手伝ってきました。
お米作りは大変で、種まきはほんの一部。
苗を育てる専用のプランターのような箱にベルトコンベアにような機械でお米の種であるモミというものと土を蒔いていく。
そしてその箱をビニールハウスへ並べていく。ここまでが種まきの作業。それから1ヶ月~2ヶ月育てて苗を作る。
そのあとは田植え・日々の水の調整・草取り・稲刈り・もみすり・精米。。。書き切れないほどの細かい作業が他にもたくさん。
久しぶりに触った土の感触が、実家を離れて暮らし農作業の大変さを忘れつつあった脳を突っついてくれた。
食べ物は大事にしないといけない。そんな当たり前のことを改めて確かめさせられた。

農作業を嫌だという人もいる。確かに汚れるし、大変なので気持ちはわかる。
だけど、砂場とは違う田畑の土の感触や、洗っても皮が突っ張る感覚や、一日農作業をした後に鼻をかむと黒かったりすることなどなど(笑)ひっくるめて、私には懐かしくて好きなことだったりするのかもしれないと、この前の種まきで感じたような気がする。
かといって本格的に農作業を。。。ってなると相当な覚悟が必要なのでまた別のはなしなのですが(笑)

せっかく両家の祖父母の家が農家なので、子どもたちの心にも農作業の大切さや大変さが少しでも伝わってくれるといいなぁ。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*