2019.3.21 春

妻です。

少しずつ暖かくなってきました。
ここ数年花粉症のような症状が。。。毎日ではないのですが、外にいる時間の多い日や、洗濯物をパタパタした後など。
目はくしゅくしゅ、くしゃみ連発。
今まで花粉症とは全く関係なく過ごしていたので花粉症の辛さを身をもって知っております。

今日出勤したら道に桜の花びらが落ちていました。事務所の近くの道にはタンポポが一輪。

春の訪れを感じずにはいられません。

とは言え、まだまだ寒暖差の激しい時期。寒い日もありそうなので気を引き締めて過ごしていこうと思います。

2019.3.19 曲げて曲げて

妻です。
昨日夜23時。帰宅し一杯はじめたボス。
その手にはなぜかフォーク。「見てて!!」と声を掛けられ何かと思っていると、なんと曲げ始めた(笑)
しかも結構真剣に。。。

いやいやいや、小学生男子!!!

私は、翌日の支度をしたくてたまらない。でもボスは真剣。
仕方がないので付き合うことに。
大真面目にフォーク曲げに関して語っている。ちょっと練習するから携帯見ててと言われ3分後に技を見せられる。気づけば40分ほど経過した。
意外と奥が深い、ただ力づくで曲げれば良いってものではないことはよーく分かった。
確かにすごい。だた23時半過ぎ。。。
さすがに観賞をやめた。なのにボスはまだ曲げている。

やっとやめたと思ったら今度は手が痛いと騒ぎだした。「血豆になりそう。。。」

何とも言えない。。。(笑)
私は深夜に何を付き合わされたのだろうか。
でも30分で確実に上達していた。

私の30分間が無駄にならないように、 ぜひもっと練習し特技として書けるほど上達してもらいたいものだ。

ボスよ、かげながら応援している。

2019.3.14 第一章第二条

妻です。

司法書士法 第一章総則
第二条 司法書士は、常に品位を保持し、業務に関する法令及び実務に精通して、公正かつ誠実にその業務を行わなければならない。

品のある人を目指すボス。人に見られた時に恥ずかしくないように立ち居振る舞うことを気を付けている。
そしてその品を求める姿勢は厳しく、私の立ち居振る舞いも注意してくる程。

なので少しでも品の欠ける動きをしているボスを見たときには司法書士法第一章第二条を私が唱えます(笑)

品位を保持することは大切なのですが、田舎出身のボス夫婦。
大雑把なボスとおっちょこちょいな私。野球部だったボスは声も大きく、食べることが好きな私は大きな口を開けて食べ物を頬張るし。。。なかなか品のある生活とは程遠い所にいます。
だからこそ気を付けて品のある人を目指しているのかもしれません。

自分が大雑把な性格だという弱点をしっかりと見つめ、品のある人を目指し、丁寧に業務に励む。
この仕事をさせていただく上で大切なことです。

これからも司法書士法第一章第二条を念頭に日々精進です。

2019.3.13 ランチ

妻です。

事務所の近くにおいしいお店がある。よく行く。
メニューは日替わりランチのみ!!その日のメニューは行かないと分からない。
おぉー!という日もあれば、おぉ~という日もある(笑)
小鉢も何品かついてくる。
お洒落なレストランのようではないし、盛り付けだって特別こだわってはいない。
お世辞にもSNS映えするとは言えない。しかし、コーヒーのミルクやコーヒーフロートのアイスは脂肪分何%の物、飲み物の氷は手割り等々さりげないのにオーナーの熱いこだわりも感じる。そして客としてよく行く私が自信をもって言えるのはいつ行っても美味しい。懐かしい家庭の味。栄養バランス良く彩られたおぼんには主菜・副菜・汁物・果物が乗っている。まるで実家感ただようランチメニューだ。それが良いのだ。落ち着く。

気を付けなければいくらでも栄養が偏ってしまうこの時代。こんなにバランスの良い食事が出来る所が事務所の近くにあるとはとても嬉しい。

ぜひお勧めしたいお店の一つ。

ブログ掲載許可をもらっていないので店名は伏せておく。

気になる方はぜひボスへ♪

2019.3.9 メモ

妻です。
ボスのメモ書きは読めない。
自分でも読めていない時があるほど。ミミズが這ったような字とはまさにこのこと。

たまに、ボスの書いたメモを見ながらなんと書いてあるのか読み解いて遊ぶ。まるで暗号を解くゲームのような感覚。
受験時代につちかってきた早書きの技術。
とてもじゃないが初見では読むことができないと言い切ってもいい。昔、病院のなんと書いてあるかわからなかったカルテのようだ。

何度かメモが読めないことについて聞いたことがある。
ボスの言い分としては「俺が読めればいい!」スタンス。
きっとメモを丁寧に書いている時間がもったいないという考えだろう。
効率的に動きたいボスらしい。

事務員として読み解ける技術を身に着けたい。そうすれば住吉司法書士事務所の事務員としてレベルをあげることができるだろう。

2019.3.7 DEBU活

妻です。

ボスも私も30歳を過ぎ、お腹のお肉が気になりだした。
特に私は産後体重が全く落ちず。。。
産後は体重が落ちやすい噂、あれは絶対にウソ。
体重の話を書きながらアメリカンドックを頬張っている。まだこの体重に危機感が無いのだろう。

ボスも私もお酒が好きだし、ボスに関しては肉、揚げ物が好物。特に豚肉の脂身。
私も最近脂身のおいしさに気づいてしまう危険な状態。
さらに、子どもたちが寝た後22時以降にプリンやアイスなどの甘いものを食べてその日のストレスを消化する。

書いていて青ざめるくらい太る生活。(笑)
事務用品が足りなくなり、目の前のコンビニに行ったボス。戻ってきたとき手の中にはコンビニスイーツ。しかもそれを私の目の前に置いた。もはや太らせにきている。
目の前にある甘いものを我慢できるほど強くはない(ドヤ顔)もちろん食しますよ。

こうしてボス夫妻のデブ化は止まらないのてある。

2019.3.6 遠足

妻です。

今日は子どもたちのバス遠足の日。普段は完全給食の園ですが、今日はお弁当。早起きして作りましたよ。
卵焼きにウインナーに可愛くくり抜いた人参やらなにやら沢山。好きなおかずがいっぱいのお弁当。
今は便利な世の中で、可愛い楊枝や危なくないように楊枝の先がフォークになっているものやサランラップに絵を描くペンなど。。。不器用な私でもぱっと見可愛いお弁当が作ることができる。
世の中の進化に感謝でしかない。

起きてきた子どもたちはお弁当に大興奮!!
「え~、今日は遠足なのぉ~?♬」と大喜び!
朝の支度の張り切り方と言ったらもう。。。

前日に遠足があることをあれだけ話したのに。なんなら遠足をダシに夕飯やお風呂を促したのに。(笑)
お弁当を見て実感がわいたのでしょう。

お弁当はどれだけ食べてくるのか、遠足自体は楽しかったのか、どんなことをしてきたのか、気になってしょうがない一日。親になって初めて知る親の気持ちの一つ。
きっと子どもたちはそんな心は知らずにいることでしょう。

それはボスも同じようで、事務所の前をバスが通ると「今通ったよ!朝も見た!」と。。。
いやいや、どの道を通って目的地に行くか知らないのに(笑)
降園時に先生に聞いてみよう。
今日の迎えは、いつもより楽しみなのである。

2019.3.5 髪型

妻です。

先日ボスの髪型についてブログを書いた。
パーマをかけたことを書いた。そんなに日にちはたっていない。
なのになぜだろうもうふわふわ感がなくなっている。

もともと直毛のボスの頭はパーマが落ちるのが早い。ボリュームはあるがストレート。パーマ泣かせの髪質。

今のボスの髪型は威嚇していないときのハリネズミ。
ジェルで固めているというのもあるが、刺せそうなほどの毛先のとんがり(笑)
どんな突風が来ても崩れないであろうその髪型を、最近なぜか、かわいく見えてきてしまっている。
きっととんがったボスの心を表しているに違いない。

ボスの髪型がとんがらなくなったらきっとボス自信も丸くなっていることだろう。その時を楽しみに過ごそう。

2019.02.28 寒い一日

妻です。
寒い。今日寒すぎません?(笑)
このブログでボヤいてしまうほど寒い。
最近の春が近くに感じられた気温はどこへ。。。
つい最近ボスに買ってもらったトレンチコートじゃまったく防寒できない。
暖かさに慣れてきていた体がビックリしている。

とりあえず温かい飲み物かホッカイロが欲しい。しかし寒くて目の前のコンビニに行くことすら諦めてしまう。
寒さはすごい!簡単に人のやる気を奪っていく。
うん。服装ミスったな(笑)
明日から3月になるが、まだまだ冬物はしまってはいけない、ということを実感した一日になった。

2019.02.26 宅配サービス

妻です。
食材の買い出しは大変だ。まとめて一週間分買うのですごい荷物になる。
エコバック一袋では足りない。
一週間の献立は決めておらず、その日に安くなっている物を買いその日の気分と冷蔵庫にあるものでメニューが決まる。

何も考えずに作っていくと後半になって食材が不足していき品数が少なくなっていくので気を付けなければならない。さらにひどいは時には、あきらかに足りなくなり買い足しにスーパーへ行かなくてはならなくなる。スーパーへ入るとあれもこれもとカゴに入れてしまい毎回の買い物終わりのエコバッグはパンパンだ。

最近は便利になり、オムツや飲み物は宅配してもらっている。子連れでオムツやケース飲料の買い出しは体力的にも精神的にもダメージを食らうし、元気な時はまだしも、家族の誰かが発熱など体調不良の時など買い物に行けない時も夜注文すれば翌日の午前中には届くし、午前中注文すればその日の午後届けてもらえる。本当に助けられている。宅配という存在なくしてはボス家は成り立っていかないと言っても過言ではない。大事なことなのでもう一度言う。

本当に、本当に助けられている!!!

とても便利なので私の実家でも利用できないものかと調べてみた。すると店舗との距離が離れすぎているからか対象地域外だったのだ。例え届いたとしても送料がものすごく高くなりそうな感じ。何とも言えない疎外感。田舎のデメリットを改めて見せられた気分になる。

まぁ。。。そこで育ったのですがね!!(笑)

とっても大好きスーパーの宅配サービス。お手頃な送料で宅配サービスが届く地域が広がると、ボス家のように助かる人たちが増えるのになぁ。。。例えば、高齢者宅に対して送料の補助券や割引サービスがあるのもうれしいし、ネットが使えない人には電話での注文ができるようなサービスがあるとありがたい。

こんな感じで宅配サービスの魅力にとりつかれ、勝手に発展方法を考えている(笑)

いろいろ書いたが、結局言いたいことはただ一つ。

スーパーの宅配サービスをスタートしてくださったスーパーの方々ありがとう。と言うことだ。